//CSS //JS

パートナー

星 大介(58期)

氏名

星 大介 (ほし だいすけ)

所属

第二東京弁護士会(58期)
米国ニューヨーク州弁護士

経歴

  • 2003年 上智大学法学部国際関係法学科卒業
  • 2005年 弁護士登録・当事務所入所
  • 2009年 特定非営利活動法人 エンターテインメント・ロイヤーズ・ネットワーク 事務局(現職)
  • 2010年 弁護士知財ネット 事務局(現職)
  • 2013年 米国University of Southern California Gould School of Law修了(LL.M.)、Entertainment Law Certificate取得
  • 2013年 米国Gibson, Dunn & Crutcher LLP. ワシントンDCオフィスにおいて執務
  • 2014年 当事務所復帰
  • 2014年 ニューヨーク州弁護士登録
  • 2015年 日弁連知的財産センター委員(現職)
  • 2016年 知財総合支援窓口研修ワーキンググループ委員(~2018年)
  • 2016年 日弁連知的財産センター国際PT副座長(~2018年)
  • 2016年 東京都知的財産総合センター 知財戦略導入支援事業(ハンズオン支援)専門相談員(~2018年)
  • 2017年 独立行政法人工業所有権情報・研修館 重点的支援に係る調査分析推進委員会委員(~2018年)
  • 2018年 公益財団法人東京都中小企業振興公社・事業可能性評価委員会委員(~2018年)
  • 2018年 知財総合支援窓口企業成長ワーキンググループ委員(~2018年)
  • 2018年 出光興産株式会社総務部法務室法務課(現同社法務部)に出向(~2021年)
  • 2022年 INPIT知財総合支援窓口 加速的支援アドバイザリーボード委員(現職)

活動内容

論文・著作

  • 2007年 「会社法実務スケジュール」(新日本法規/共著)
  • 2010年 「実践 知財ビジネス法務-弁護士知財ネット設立5周年記念-」(民事法研究会/共著)
  • 2016年 「新版 会社法実務スケジュール」(新日本法規/共著)
  • 2016年 「ミャンマー知的財産制度の現地調査の概要報告(第2回)」(知財ぷりずむ2016年5月号)
  • 2017年 「シンガポール知的財産制度の現地調査の概要報告」(知財ぷりずむ2017年1月号)」
  • 2017年 「エンターテインメント法務Q&A」(民事法研究会/共著)
  • 2018年 「事例に学ぶ 損害賠償事件入門」(民事法研究会/共著)
  • 2018年 「小松陽一郎先生古希記念論文集-特許権侵害紛争の解決手段~裁判例を踏まえて」(青林書院/共著)
  • 2018年 日韓知財司法シンポジウム2018報告「韓国のIP訴訟制度の特徴」(Law & Technology 81号)
  • 2019年 「最新 契約書モデル文例集」(新日本法規/共編)

講演・セミナー活動

  • 2015年 特許庁知財総合支援窓口・担当者研修 講師
  • 2016年 INPIT営業秘密・知財戦略セミナー 講師
  • 2017年 富山県射水市企業団地連絡協議会 研修会(営業秘密) 講師
  • 2018年 日本弁護士連合会/Startup Hub Tokyo 「スタートアップが知っておきたい知財の話 ~弁護士と一緒に考える知的財産権と事業戦略~」 講師
  • 2018年 日韓知財司法シンポジウム(営業秘密セッション) 発表担当
  • 2018年 日本弁護士連合会「先輩起業家と語る知財リスクマネジメント」 パネリスト
  • 2018年 経済産業省第2回知財研修 講師

主な取扱業務分野

  • 一般企業法務
  • 会社法・コーポレートガバナンス
  • M&A・企業再編
  • 株主総会支援
  • 訴訟・紛争処理
  • IT・知的財産

所属弁護士一覧